所得控除あれこれ

これまで「所得控除」の種類についてそれぞれ詳しくみてきました。
今回は基礎知識として所得控除が設けられる意味についてまとめていきたいと思います。
そもそも「所得控除」とは文字どおり「所得から控除される」ものです。その額が大きいほど課税所得額が小さくなり、したがって納税額も小さくなるというものです。
所得控除が設けられているのは、収入以外の要素で生じる税負担能力の違いを反映させることです。
収入金額が同一の場合でも、より多くの支出を負担している場合やよりたくさんの家族を扶養している場合など、税の負担を軽くして公平化する措置です。

所得控除にはこれまで説明してきたように約15種類もの項目が存在しますが、それは大きく2つに分けられます。
ひとつは人的控除、もうひとつは物的控除です。

まずは人的控除について見ていきましょう。
基本的には全ての人が受けられるもので、課税最低限を保証するタイプのものです。(基礎控除、扶養控除、配偶者控除、配偶者特別控除)
ハンデキャップ等に注意して税負担を軽くする目的の特別な人的控除。(障害者控除、寡婦控除、勤労学生控除)

もうひとつの物的控除について。
定められた支出項目や負担があった場合に税負担を軽くする目的で設定されているもの。(社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、医療費控除、寄付金控除)
所有財産に対する損害を控除の対象としているもの。(雑損控除)

上記の所得控除を収入から差し引いて「課税所得額」を確定します。その課税所得額に税率をかけたものが所得税額になります。
この計算によって算出された金額が「所得税額(納税額)」としてしまいそうですが、まだ控除されるものがあります。
「税額控除」というものが、それにあたります。
所得税額から「税額控除」を差し引いて最終的に「納税額」が算出されます。この税額控除については次回詳しくみていきたいと思います。

Posted under 所得控除基礎知識 by oza on 水曜日 12 11月 2008 at 11:57:26

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。