所得と収入の違いって?

「お金を稼ぐ」とか、「給料をもらう」と日常会話で使う場合、所得とか収入とか、利益とか漠然といろんな言葉を使っていますが、それぞれの意味を詳しく知らずに浸かっていることが意外と多いものです。

今回はこの「所得」と「収入」の違いにスポットを当てて確認していきましょう。

まず、「所得」と「収入」の違いですが、最初にざっくりと関係式を書いてしまいましょう。
『(収入)-(所得控除)=(所得)』
以上のようになります。

「収入」は、所得税、住民税、社会保険料等の控除される前の金額、つまり支給額合計です。

「所得」は、収入から、税務上の所得控除金額を控除した後の金額、つまり課税対象額です。

所得から控除されるのは、給与所得控除、社会保険料、本人控除(年額38万円)、扶養家族控除(38万円×扶養家族)、生命保険料控除、損害保険料控除、住宅取得控除等。こうした所得控除を収入金額から差し引いた残りの金額、それが所得金額(課税所得)です。その所得金額から税額が計算されます。

しかし、毎月の所得税額は収入金額に対する扶養家族の人数のみで、源泉所得税が決まる簡易な表に基いて計算されています。それを、年末に年間合計金額で税額の精算を行いますが、これが年末調整です。

「源泉徴収票」の表示によって説明すると、収入金額=(支払金額)、所得金額=(給与所得控除後の金額)-(所得控除の額の合計額)-(住宅借入金等特別控除額)となり、所得金額としての表示は有りませんので、上記の計算式でもって所得金額を計算することになります。

Posted under 所得控除基礎知識 by oza on 水曜日 9 9月 2009 at 10:27:56

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。