閑話休題~直間比率について

デフレ不況といわれ、日本は先進国の中で最悪の財政悪化に陥っています。今年の予算は支出の半分以上が借金という最悪の状況です。鳩山総理は「任期中は消費税率を引き上げない」と発言していますが、将来的な引き上げについては避けられないモノと考えられます。

消費税の特徴の一つが、税収が安定することです。法人税と所得税は今回の景気後退で大きく落ち込みましたが、消費税はほとんど影響を受けていません。そこで安定的な税収を確保するために消費税に注目が集まるわけですが、その際には法人税や所得税といった直接税と消費税に代表される間接税の比率です。今回はこの『直間比率』について簡単にまとめてみましょう。

[直間比率とは?]
直接税は個人や企業から直接徴収する、所得税、法人税、相続税などが代表的なモノです。間接税は、消費税、たばこ税、酒税などです。税収が直接税に偏ると、景気変動に左右されやすくなります。諸外国と比較するとアメリカは一貫して直接税の比率が高く、フランスに代表される欧州諸国は付加価値税の存在で間接税の比率が高くなっています。

[各国の直間比率(2009年1月現在)]
◆日本
直間比率・・・71:29

◆アメリカ
直間比率・・・78:22

◆イギリス
直間比率・・・61:39

◆ドイツ
直間比率・・・52:48

◆フランス
直間比率・・・53:47

(※ 日本の国税は平成21年度(2009年度)予算額、諸外国は、OECD”RevenueStatistics1965-2007″による2006年の計数。)

Posted under 閑話休題 by oza on 月曜日 12 4月 2010 at 10:03:03

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。