年末調整は済んだけど……

サラリーマンの方は、昨年末の年末調整によって納税額を確定させていますので今後改めて確定申告を擦る必要はありません。しかしながら、日頃から取ってある領収書の中に医療費に関わるものがあったら要注意です。年末調整で調整不可能なのが「医療費控除」と呼ばれる所得控除になります。

医療費控除は年末調整で控除ができない項目で、給与所得者等がこの医療費控除を受けようとする場合は確定申告が必要となります。この医療費控除は過去 5年間にさかのぼって申告することができるので、該当する場合には必ず申告するようにしましょう。

医療費控除を受けるためには以下の書類が必要となります。

(1.)給与所得者の還付申告用の申告書
これは、一般の確定申告書よりも記入箇所が簡易化されて、還付用だけの目的のための申告書となっているもの。(当然、一般用の確定申告書によっても申告はできます。)

(2.)医療費控除の内訳書
これは、医療費の領収書や出金伝票等が多い場合に使用します。(領収書等が少ない場合は、使用しない場合もあります。)

(3.)領収書や出金伝票等
医療費を支払ったことを証明する領収書やレシート(医療費控除の対象となるものに限ります)を申告書に添付して提出する必要があります。
通院のために使用した交通費等のように、領収書やレシートの発行されないものについては、市販の出金伝票等を使用し、日付・金額・支払先・内容等を記入しておきましょう。

Posted under 医療費控除 by oza on 火曜日 12 1月 2010 at 10:00:55